つまりの汲み取り

トイレつまりの時の汲み取りについて

トイレつまりには、排水管内部の異物などにより水が流れ難くなる症状も有れば、便器の中の水が流れなくなってしまい、再び水を流すと便器から水がこぼれ流れてしまい、床を水浸しにしてしまうと言う症状のトイレつまりなども有ります。

便器から水が溢れて来るようなトイレのつまりと言うのは、詰まりが解決しない間はトイレを利用出来なくなりますので、生活に支障をきたしてしまいます。
最近は、トイレつまりなどを迅速な対応で解決に導いてくれる専門業者が有りますが、このような業者は24時間いつでも受付が可能であったり、対応エリアの中であれば最短で30分と言った時間で駆け付けてくれるなど、急なトイレつまりの対応も可能にしている業者も多く有ります。

尚、便器の水が流れなくなってしまうトイレつまりと言うのは、トイレを利用出来なくなるだけではなく、便器から水が溢れて来ることもあるため、早目の対応が必要になります。
尚、専門業者に依頼をすると、便器からの水が溢れそうになっている場合等では、専用のポンプを利用して汲み取りを行ってから 排水管内部に在る異物を高圧洗浄機を使って取り除くことでトイレつまりの解消が可能になるのです。
因みに、便器の中の水が流れなくなると言うのは、普通にトイレを利用していても起こる可能性が有るのが特徴です。

尚、水を流せば便器から水が溢れて来ることからも、専用のポンプなどを利用して汲み取りを行ってくれるわけですが、汲み取りを行わずに水を流してしまうと床の上が水浸しになると言った事態を招くことになるのです。
また、水が床にこぼれることで不衛生な状態になります。

便器の中には排泄物もあるわけですので、水が流れない状態になっている所に水を流せば便器からは排泄物も流れ出す事になります。
また、便器から水が溢れ出せば、床を水浸しにするだけではなく、この水が階下に流れて行くことになりますので、マンションなどの住居の場合は下の階の人に水漏れなどの被害を与えてしまう事にもなりかねませんし、水漏れが起きれば建物内部の建材を腐らせてしまったり、金属類を錆びさせるなどの被害を与えることになります。

尚、専門業者が便器の中の汲み取りを行う理由の一つに、便器を取り外しての異物の撤去が有ります。
便器の中に流してはならないものを落としてしまい、奥の方に入り込んでしまった時などは便器を取り外してから内部にある異物を取り除くと言う事が必要になることからも、便器の水などを汲み取り作業を行う事になるのです。

最新記事

  • トイレつまりと排水管などの老朽化について トイレつまりが生じる事でトイレが利用出来なくなるケースが有ります。 …

    排水管の老朽化