排水管の老朽化

トイレつまりと排水管などの老朽化について

トイレつまりが生じる事でトイレが利用出来なくなるケースが有ります。
トイレが利用出来ないケースと言うのは、便器に水が溜まり、この水が流れない状態になった時です。

水が流れない状態で、排せつを行って水を流せば便器からは水が溢れだしますし、排せつ物も流れ出てくることになります。

不衛生な状態になる事や、床が水浸しの状態になることもあれば、階下の住居などへの水害を与える事になります。
それ故に、便器に水が溜まって流れないと言うトイレつまりになった場合はトイレの利用が出来なくなるわけです。

そもそもトイレつまりは何が原因で起きるのでしょうか。
携帯電話を便器に落としたり、小さなお子さんが玩具を便器に落としてしまって、これが原因で水の流れを悪くしてしまい、詰まりが生じるケースも有りますし、トイレは生理用品やトイレットペーパーの芯、紙おむつ、ペットシーツなどトイレに流してはならないものを故意に流した時などもトイレつまりが起きる事になります。

このような物を流してしまった場合には、便器の中の水が流れる事無く溜まった状態になりますので、トイレの利用が出来なくなるわけです。
また、便器の奥の方はS字状の排水管になっており、この部分に異物が詰まれば水の流れを阻止してしまいますので、水を流せば溜まる一方となり溢れると言う水害をもたらせてしまうのです。

しかしながら、流してはいけない物を流していない場合、携帯電話や玩具などを落とさない状態でも詰まりが生じる事も有ります。
住宅の築年数が経過する事で設備の至る箇所は老朽化となりますが、便器などのトイレ設備も老朽化が進む事になります。

また、見えない部分の老朽化が進む事になるのですが、トイレのつまりに要因する老朽化として考えられるのが排水管の老朽化なのです。

内部は長年の汚れなどが蓄積されており、この汚れに用を足した時に利用したトイレットペーパーや、トイレの室内や便器を掃除する時に利用するペーパー式のクリーナーなどが絡み合ってしまい、これが原因で水の流れを悪くすると言うトイレつまりが生じる事が在るのです。

尚、トイレつまりはラバーカップなどを利用して解決する事も出来ますが、つまりが解消した後などは、パイプを洗浄するクリーナーなどを利用して定期的に排水管内部を洗浄しておくことでトイレつまりが起き難くなると言われているのです。
因みに、トイレの詰まりはトイレットペーパーの使い過ぎなどでも起こると言われているのことからも利用する場合には注意が必要なのです。