洗浄剤の効果

トイレつまりは洗浄剤で効果が在るのか

トイレを使った後、レバーを回して水を流しますが、この水の流れが悪い場合などではトイレつまりが起きているケースが多いのです。

また、水が流れ終わった後に、便器の水が溜まる部分からボコボコと言った異音が発生したり、水の水位が多い場合などではトイレつまりの症状が進んでおり、そのまま何もせずにいると、やがて便器の水は流れなくなってしまい、レバーを回して水を流すと便器からの水が排水されないため、便器から水が溢れてしまうと言う事故繋がるのです。

マンションなどの場合、2階以上の住居に住んでいると、便器から溢れる水と言うのは階下の部屋への水漏れなどが起きる事もあるのです。
また、一戸建て住宅の場合も2階のトイレが詰まることで1階の部屋などに水漏れが起きる事になることからも、トイレつまりの中でも便器の水が減らないと言う症状は早めの詰まりの解決が必要になるのです。

排水管などの詰まりには洗浄剤が有効だと言われており、キッチンや浴室などの排水講が詰まったり、排水溝から異臭が漂う場合などパイプクリーナーなどの洗浄剤を使って詰まりの解消をしたり、臭いの元をシャットアウトする効果を持ちます。
しかし、トイレつまりの場合は、浴室やキッチンなどの詰まりとは異なるものが原因であり、洗浄剤を使った所で詰まりが解消する事は無いのです。

トイレつまりは、排水管などの老朽化により、排水管内部に蓄積されている汚れが原因で起きるのですが、この汚れに便器から流れるトイレットペーパーなどが絡み合って水の流れを悪くしてしまったり、水をせき止めてしまうなどにより詰まりが生じると言われているのです。
そのため、汚れなどに絡みついているトイレットペーパーなどを取り除く事がトイレつまりの解消になるのです。

ラバーカップは一般の人でも利用する事が出来るトイレつまりの道具として知られているのですが、家にラバーカップが無い場合などでは、お湯を便器に注ぎ入れてしばらく放置してから水を流してみることでトイレットペーパーは柔らかくなり、取り除くことが出来るケースも有りますし、お湯だけではなく重曹を使う事でその効果は高くなるのです。

更に、お湯や重曹を使って詰まりの原因となるものを軟らかくしたうえで、ラバーカップを使う事でトイレつまりの解消に効果をもたらせてくれます。
尚、洗浄剤はトイレつまりの解決が出来た後に利用すると、排水管内部を綺麗にしてくれるため、詰まりが生じにくくなると言われているのです。