幾つかの症状

トイレつまりには幾つかの症状が在ります

トイレつまりには、水が流れるけれども流れが悪いケース、水が流れた後にボコボコと言う異音がするケース、便器の水が流れないケースなどが有ります。

また、トイレつまりが起きる原因には自然に詰まりが起きるケースも有れば、何かを落としてしまい、落とした物が水の流れを遮ってしまい、水が流れなくなったり、流れ難くなるケースが在りますし、トイレに流してはいけないものをうっかり流してしまってトイレつまりが起きるケースなどが有ります。

症状により詰まりの解消の方法は異なりますが、流してはならない物を流した時に詰りが生じたり、うっかり何かを便器の中に落としてしまって、それを拾おうとして便器の奥の方に入り込み取れなくなった場合などでは専門業者に依頼をして詰まりの原因を取り除くための修理などが必要になります。

因みに、便器に流して良いと言うものは、トイレットペーパーや便器などのトイレと掃除用のペーパー式のクリーナーなどであり、これ以外の物やティッシュペーパーなどは詰まりの原因になることからも流すべきではないと言われているのです。

最近は赤ちゃん用の紙おむつなどを利用する人が多いのですが、紙おむつなどは燃えるゴミなどに出して処分をする必要が有り、決して便器に流しいれてはならないのです。
また、生理用品やペット用のシートなどについても、燃えるゴミなどとして処分をし、便器に流し入れないようにしなければなりません。

尚、流しても良い物だけを利用してトイレつまりが生じた場合などでは、水が流れ難くなっている段階や、水を流した時にボコボコと言う異音が生じるなどの症状の時などに、ラバーカップや重曹、お湯などを利用して異物を取り除くことで流れを良くしたり、異音が起き無いなどのトイレつまりの解消を行う事が出来るのです。

この時、解消をせずに放置しておくことで、異物となる部分に排泄したものやトイレットペーパーなどが絡み合ってしまい、更に症状を悪化させてしまい、結果的に詰まりの症状が悪くなるので便器から水が流れなくなると言った症状になり、詰まりの解消が難しくなるのです。

早目に対処をしておくことで自分でも比較的容易に詰まりの解消が出来る事からも、トイレを利用した時に、最近流れが悪くなったと感じた時や、水を流した後にボコボコと言った異音がする時など、ラバーカップや重曹などを利用してつまりを解消させておくことで詰まりを悪化させずに済むと言ったメリットが有るのです。